マンションコミュニティの形成について

コミュニティは大切で必要なものだけど・・・どうしたらいいのかわからない・・・

マンションにおける「コミュニティ」とは?

では、コミュニティとは何でしょうか?
一般には「地域性」「共同性」の2つを特性とする人々の集団であると言われています。人々が一定の地域の上に住み、そこにお互いに共同して生活をするための目的や価値観をもって進めていく社会の在り方がコミュニティと言われています。

マンションのコミュニティは「地域性」「共同性」の2つの特性をきちん持っています。

  1. 同じ建物内に住むという「地域性」。
  2. 自分たちのマンションの資産に係ることを目的として維持管理・運営をするという「共同性」。

しかし、管理組合は親睦団体としての意味合いが強い自治会・町内会とは違うということが根本にあります。

更にコミュニティ形成にはもう一つ要素「つながり性」があります。
マンション内のコミュニティ形成の「つながり性」について考えてみると、現在はこの「つながり性」自体が薄れてきて、そのことが「地域性」「共同性」の希薄化につながっています。「高齢者や高齢単身の人が多いが、いわゆる『プライバシー』の問題で隣近所と仲良くすることを嫌う人も結構多い」、「昔は親子程の違う年代同士としてのつながりもありましたが、今は、親は親、子どもは子ども、子育て世代は子育て世代、といったその世代だけのつながりになっている」という意見もあり世代で年齢を超えた「つながり性」の欠如を物語っています。
マンションを購入してマンションの生活を望む人の多くは「マンションでの生活はプライバシーが保護され、昔のような煩わしい近所付き合いの必要がないから」とか「管理会社に言われた?管理費を払ってさえいれば、ホテルライクな生活ができる」とか「誤った個人情報保護法」などが、更に「つながり性」の欠如に拍車をかけています。

マンションにおける「3つの人と人とのつながり」

つながりとは人と人との関係が基本です。
マンション内の人と人とのつながりには3つが考えられます。

1.近隣関係

マンションを購入したら、たまたま同じマンションでお隣となり、たまたま上下階の関係になったり、同フロアの関係になっただけですが、この関係は物理的距離間が近いゆえに、日々の生活の中でお互いに迷惑をかけないというような気配りが必要になります。

2.管理組合・自治会等の組織に属している関係

管理組合の場合、区分所有者は比較的男性が多く、仕事中心だった男性がはじめて役員になってからマンション内のつながりができ顔見知りになります。

3.自分の意志によってできる関係

サークル活動や趣味や子供を通じた関係等は、自分の意志によってできる関係です。

マンションにおける人と人と居住者のつながりは「1」の関係がほとんどです。
マンションのご近所の関係ですが、普段はあいさつ程度でも、ご近所だからあまりプライベートには踏みこまず、さりげなくほどよくお互い様感覚の関係の種を植え、芽が出て育んでいくことが、マンション内コミュニティ形成の一つと考えています。

その際に、くれぐれも注意しなければならないことは、人には様々な事情があることです。
人間関係に臆病な人、トラウマを持つ人、身体的に難しい人もいます。会社組織の上下の関係でしか話をしたことがない人、夫婦にしかわからない問題を抱えている人もいます。家族内にいろいろと問題を抱えている人もいます。他人とあまり話をしたくない事情を抱えている人もいます。
でも、マンション内の付き合いを避けている方でも、いざというときには助けが必要になったり、反対に助ける立場にもなります。

マンション内コミュニティを育むには

価値観が多様化する現代でお互いを尊重しつつほどよい関係を築いていくには、マンション居住者・区分所有者間に「お互いの気配り」がある「つながり性」を芽生えさせ、マンションという大切な財産の価値を高めることを目的とするマンション内コミュニティの「地域性と共同性を創り出すこと」が、マンション内コミュニティを育むことにつながると考えています。

エントランスのロビーで毎月お茶会の開催をはじめたマンションがあります。
お菓子を持ち寄りペットボトルのお茶を飲みながら、マンションのちょっと気になっていることを参加した人達でざっくばらんに話をする会です。そこで課題になったこと等を、理事会に問題提起をしています。
今の悩みは参加者が少なく参加する人はいつも同じ人になってしまうことだそうです。
次はマンション内に防災のことに詳しい方がいらっしゃるのでその方にお話を頼んでいるそうです。このマンションはお茶会を毎月開催するというコミュニティの種をまきました。
種をまいたから、いいこと、悩み、反省いろいろと見えてきました。
次はどんな芽が出で来るか楽しみです。

コミュニティの種をまきましょう!

Sowing the seeds of Community
(コミュニティの種をまくこと)

どんな種でもいいですから、みなさんのマンションでも、ぜひ種をまいてみてください。

なかなか花が開かないかもしれませんし、一生懸命水をかけすぎて枯れてしまうこともあるかもしれません。でも、そんな時は次の新しい種をまけばいいのです。いろんな種をまけばいいのです。

例え一つ一つの種が大きな花を開かせることがなくても、それぞれの根が絡み合い、その積み重ねが「マンションコミュニティ」という、見えない大樹の根を張らせていくことに繋がると考えているからです。

私も、様々な種をまくお手伝いをこれからもしていきたいと思います。

重松マンション管理士事務所紹介ムービー
重松マンション管理士事務所紹介ムービー
▲重松マンション管理士事務所の紹介ムービーです。ぜひご覧ください。